毛孔性苔癬の効果的な治療ができる美容皮膚科を探してみよう

気になる年ごろ

毛孔性苔癬は、毛穴に古い角質が詰まることにより、部分的に皮膚の皮が厚くなったり、ブツブツができて見た目が悪くなったりすることがあります。特に、思春期など新陳代謝が活発でホルモンバランスが変化しやすい年代では、二の腕や背中など様々な部位に毛孔性苔癬の症状が現れることもあり、悪化を挿せないためには早めに適切な処置をすることが重要となります。
皮膚を清潔に保つことで次第に消失することがありますが、すぐに肌を綺麗な状態にしたい場合には美容皮膚科へ通院をするという方法もあります。

毛孔性苔癬の治療実績がある美容皮膚科では、ダーマスタンプをはじめとした専用の医療器具を使った施術が行われており、痛みや痒みを感じにくく、比較的ストレスなく治療を続けることが可能です。
施術後には一時的に肌が赤くなったり、熱を持ったような状態になることがありますが、術後数日で入浴やシャワー、スキンケアなどを行うことができます。

美容皮膚科の名医が在籍しているクリニックの中には、毛孔性苔癬の治療を希望する患者を対象に、カウンセリングの時に施術の進め方や術後の効果の現れ方について丁寧に説明をしているところが目立ちます。クリニックによっては、毛孔性苔癬が再発した場合に追加料金なしで施術を行ったり、長期にわたる保証制度を用意したりしているところもあります。そのため、自宅で毛孔性苔癬に対処をするのが難しいという人は、早い時期から美容皮膚科で施術を受けるメリットについて把握をすることが大切です。
その他、毛孔性苔癬の症状の程度や肌質によっては、一か月以上の通院が必要となることもあるため、主治医と相談して施術のスケジュールを立てることも重要です。

美容皮膚科で綺麗になる

ソフトヒアルロン酸で若々しいお肌を取りもどそう!いま注目の水光注射

ヒアルロン酸

水光注射とは、美容皮膚科などの医療機関で専用の注入機器を使いヒアルロン酸やビタミン、アミノ酸、プラセンタなどの美容成分を、肌の浅い部分に直接注射する治療です。最新の機器は、従来の機器に比べて針をより細く、そして本数を増やしています。そのため、注入したい部分に成分が正確に届き、皮内に留めることができるのです。
均一にヒアルロン酸を注入できるため、液漏れが少なく肌への負担も軽減されます。注入効率が上がるため、効果が一層高まります。

水光注射に用いられるヒアルロン酸は、ソフトヒアルロン酸とも呼ばれています。細かい粒子状でべとつきがなく、肌の凹凸が気になりません。保水効果が上がり、肌の再生を促すでしょう。顔全体だけでなく、首の小皺や手の甲などにも治療可能です。

美白効果やアンチエイジング効果にも期待できます。 薄毛や脱毛に悩んでいる方には、発毛や育毛、抜け毛予防を目的とした治療もあります。麻酔クリームを塗って、極細の針を肌にやさしく注入するため、個人差はありますが痛みは少ないでしょう。治療後の赤みや腫れ、皮下出血も少なくなります。

水光注射の料金は、希望する治療内容や機器などによって様々です。治療用ローンに対応している美容皮膚科もあります。治療までの大まかな流れは、カウンセリング、クレンジング、麻酔、そして水光注射になります。治療直前には、クレンジングでの洗顔が重要です。そして、痛みを和らげるために、クリームタイプの皮膚表面麻酔剤を塗布し、麻酔が効くまで待ちます。その後、専用マシンでヒアルロン酸を治療部位に一気に注入します。
通常、治療は30分程度で終わります。治療後は、化粧水やクリームで保湿してお肌を整えます。また、紫外線によるダメージを受けやすくなっていますので、日焼け止めを使用すると安心です。

肌の内側から生まれ変わる再生治療となるため、効果が出るまでに1~2ヶ月ほどかかることがあります。 2~3週間おきに数回程度の治療で、より効果が得られると言われています。

注射をする女性